• 無料相談を受ける

保育士の転園・転職。働く姿をイメージしてもらえる職務経歴書の書き方

保育士の転園・転職。働く姿をイメージしてもらえる職務経歴書の書き方
スキルや経験をしっかりアピール!好印象を与える職務経歴書の書き方をご紹介します。

保育士の求人へ応募する際に必要な職務経歴書。どうしたら採用につながる書き方になるのか悩んでいませんか? これまでの経験を伝えることで、次の職場で何ができるのかイメージしてもらいやすくなります。たとえ以前の仕事が保育関係ではなくても、これまで努力してきた経験は重要なアピールポイントになるでしょう。転職先での活躍が期待されるような職務経歴書の書き方を解説します。

資格がなくてもできる保育の仕事とは? 取っておくと役立つ資格もご紹介

自己PR欄を充実させよう

基本的な職務経歴書には自己PRのほかに職歴、志望動機の項目があります。保育園でどのような能力を発揮できるのかを知ってもらうために、まずは自己PRの書き方を工夫しましょう。

社会が保育士に求める力を特技でアピールしよう

小学校でも外国語教育が実施され、幼児も英会話スクールへ通うなど英会話への関心は高いようです。留学経験を含め英語力に自信があることは、大きなアピールポイントになります。とくに、就職したい保育園が英会話学習に取り組んでいるのであれば、どんなことができるのかを詳しく記載しておきましょう。

書き方の例:
3
歳の頃から英会話をしており、英語の手遊び歌や簡単なゲームの紹介ができます。子供達が外国の文化を身近なものとして親しみ、生活に取り入れていくきっかけづくりができると考えています。

外国語以外でも、スポーツや文化活動といった特技や趣味も、保育活動に役立つことがアピールできるはず。子供たちに良い影響を与える魅力として、自己PRを行いましょう。

前職がアパレル店員でもアピールできる

前職が保育関係ではない場合、専門性のアピールができないと悩むかもしれません。しかし、どんな仕事であってもこれまでの経験を生かせるポイントを見つけてみましょう。

たとえば、アパレル店でバリバリと働きながら勉強し、ついに保育士試験に合格したAさんの場合。単なる職歴だけを記載するのであれば、こうなります。

婦人服販売業「〇〇」店員
事実とはいえ、このままでは保育士として働く姿をイメージできません。
そこで自己PR欄を充実させ、アパレル店員としてこれまで大切にしてきた「目標のために協力して仕事をする力」をアピールします。

婦人服販売〇〇店で勤務し、販促プロジェクトリーダーを務めた。20名のスタッフを牽引し、一貫したビジョンと戦略の周知徹底に努め目標達成。

ちょっとした文章を加えることで、信頼できるキャリアを伝えるPR文になりました。しかし、リーダーシップが強調されているため固い印象もあります。そこで、こんな風に変更してみました。

婦人服販売〇〇店で勤務し、販促プロジェクトリーダーを務めました。目標と手立てを共通理解できる計画書を工夫し運営を担当しました。

表現を変えただけで、ぐっと柔らかい印象になりました。同時に、周囲と協力して働くために工夫してきた経験が伝わることでしょう。採用後は、他の保育士と一緒に、ねらいや内容について共通理解することを大切にしたいという気持ちもアピールできます。同じ経験であっても、書き方によって大きく印象が異なります。「ビジョンと戦略」を「目標と手立て」、「周知徹底」を「共通理解」に置き換え、保育業界で身近に感じやすい単語選びをしたことで、より伝わりやすい職歴になるでしょう。

出産・育児でブランクがあっても、家庭でしてきたことをアピールしよう

以前には保育士として働いていた経験があるものの、子育てや出産、介護などでブランクがある資格保持者も多い業界です。ブランク明けの就職であれば、家庭での生活で関心を持っていたことをアピール材料に加えましょう。手作りおもちゃで子供と遊んだ経験や、子供の健康管理に役立つ情報を集めていることなど、保育活動につながるポイントを探してみましょう。

小規模保育に転職したい! ほいぷらに求人はある? #教えてほいぷら

職歴欄と志望動機をわかりやすく書こう〜前の園の退職理由に悩んだら「一身上の都合」でOK

職歴欄へ記入する各項目は、端的にわかりやすく書くことがポイントです。転職経験が少なく、記載する内容が少ないように感じたら、その保育園を希望する動機を詳しく書いて、園で活躍する姿をイメージしてもらいましょう。

 

過去の業務内容は整理して書こう

職歴欄には過去の仕事について系統的に整理して記入するとわかりやすくなります。より端的でわかりやすい箇条書きスタイルがおすすめです。以下のようなポイントでまとめてみましょう。

  • 過去の勤務先名……正式名称で記載する
  • 就職年月日
  • 雇用形態……正規採用または臨時採用、パートタイム、アルバイトなど
  • 業務内容……2歳児クラス担任、運動会行事リーダー、地域支援事業担当、など
  • 退職年月日

 

「どうして辞めたのか」ではなく「何をしてきたのか」を書こう

前の園を退職した理由は特に記載する必要はありません。「○年○月、一身上の都合により退職」と記載しておきましょう。「専門学校入学のため退職」といったアピールに使える理由であれば記載しても問題ありません。業務内容は端的に「〇〇担当」という名称を書きます。実際の業務として、保護者支援でどのような相談を受け、どのように対応したのかなどについては自己PR欄を利用しましょう。

志望動機は「転職先で何ができるか・何をしたいか」につなげよう

転職を希望する保育園の良さを褒めるだけでは、志望動機とは言えません。転職先の園が持つ特色を生かして自分はどのような保育活動をしたいのか、これまでの経験や能力を使ってどのような保育をしたいかについて、具体的にまとめておきましょう。

入社1カ月で「向いてない」と感じるなら、園が合っていないのかも。ツラい原因を探ろう

テンプレートでわかりやすく作成しよう

職務経歴書に書く内容が決まったら、自分が書きやすいテンプレートを用意してみましょう。市販のものだけでなく、インターネットからダウンロードできるものや転職エージェントが推奨するものなどがあります。使いやすいものを探して、自分らしい経歴書を作成してみましょう。

手書きが求められる仕事。書字に自信があれば手書きしよう

職務経歴書はパソコンで作成されることも多い書類です。インターネットで簡単に作成できるツールがあり、見やすく工夫できればパソコンスキルのアピールにもなります。しかし、保育士の仕事には家庭とやりとりをする連絡帳のように手書きの業務も多くあり、丁寧で読みやすい書字で作成するだけでも大きなアピールポイントになります。

手書き文字は「大きさ」と「間隔」で丁寧さをアピールしよう

手書き文字は、漢字よりもひらがなを少し小さめに書くことで見た目の印象が良くなります。また、単語と単語の間隔をほんの少しだけ空けるように意識して書くと、文章のまとまりがよく分かり、読みやすくなります。さらには、単語の途中で行を変えると少し読みづらいため、注意しておきたいポイントです。文字の大きさや書く内容を事前に想定したうえで、丁寧な書字をおこないましょう。

西暦、和暦はそろえよう

職務経歴書を記入する際、西暦か和暦かを悩むことがありますが、どちらでも問題ありません。ただし、バラついた印象がないように、どちらかに統一しておく必要があります。市販の履歴書用紙セットに入っているような、元号早見表を利用すると数えやすく、ミスが起こりにくくなります。

まとめ

希望の保育園に職務経歴書を提出することで、あなたが働く姿を好意的にイメージしてもらいたいですね。他職種から転職される際には、保育の分野で使わないビジネス用語に注意して、分かりやすい言葉に置き換えてアピールしましょう。工夫して書けば、あなたの能力をアピールできるはずです。保育士として働く姿を自分でしっかりとイメージすることで、自信を持って面接に臨めるといいですね。

参考サイト:

おすすめ記事

「もっと保育について学び続けたい!」2度の転職でつかんだ理想の保育園

「もっと保育について学び続けたい!」2度の転職でつかんだ理想の保育園

キャリア情報
【保育士の就職・転職】後悔しない就職先を見つける5つのポイント

【保育士の就職・転職】後悔しない就職先を見つける5つのポイント

キャリア情報
【徹底調査】保育士の平均年収はずばりいくら? これから給料は高くなるの?【2019年版】

【徹底調査】保育士の平均年収はずばりいくら? これから給料は高くなるの?【2019年版】

キャリア情報
保育士求人プラザ ほいぷら

人気記事

感染症の拡大、何としても防ぐ!! #保育士あるある

感染症の拡大、何としても防ぐ!! #保育士あるある

短期間で転職を成功させる秘訣とは?  #教えてほいぷら

短期間で転職を成功させる秘訣とは?  #教えてほいぷら

子育て中だけど保育士に復職したい! 自分の子どもはどうしよう? 何から始めたらいい? #教えてほいぷら

子育て中だけど保育士に復職したい! 自分の子どもはどうしよう? 何から始めたらいい? #教えてほいぷら