• 無料相談を受ける
3歳児以下を預かれる保育園の増設が必要
千葉県は待機児童数が1,000名を越えている状態であり、全国でもトップ3に入っている状態です。この理由には、千葉県内でも首都圏へのアクセスが良いことから湾岸部の開発が進んだことで、タワーマンションが増えたことが挙げられます。 千葉県の待機児童は3歳児以下が大半を占めており、4歳児以降の待機児童数は10名程度とそれほど多くありません。そのため、千葉県内では3歳児以下の子どもを預かることが出来る保育園がより多く必要になっています。また、待機児童数が少ないエリアに人が流入する傾向があり、待機児童数が少ないからと思っていても油断が出来ない状況が続いています。そのため、千葉県内では市街地を中心に急速に保育士を確保する必要があると言えるでしょう。 これに対応するために、千葉県でも通勤する保護者が子どもを預けやすい駅から近い保育園を優先的に、人員を確保する傾向が強くなっており、定員も年々増えて待機児童解決への動きが起こっています。これによって徐々に千葉県内の湾岸部の待機児童数は徐々に減ってきてはいますが、都内からの若年層の共働き家庭の流入が多いため、待機児童問題が完全に解決するには時間がまだかかると言えるでしょう。

新着求人

おすすめ求人

【エリア】を変更する

閉じる

都道府県

再設定する

【路線・駅】を変更する

閉じる

都道府県

沿線

再設定する

【職種】を変更する

閉じる

再設定する

【施設形態】を変更する

閉じる

再設定する

【こだわり条件】を変更する

閉じる

再設定する