• 無料相談を受ける
東京都全域で待機児童問題のために需要増
東京都は47都道府県の中でも最も待機児童が多いエリアであり、特に世田谷区は全国トップクラスの待機児童数となっています。保育園の枠が足りていないだけでなく、保育士の数そのものが足りていない状態であり、そのために東京都の保育士の求人はとても多く5倍以上です。 待機児童問題が深刻になるにあたって、保育士の待遇改善を目的とし、公務員扱いとなる公立園だけでなく、私立園でも待遇が改善され始めています。 東京都内の保育士の平均年収は334万円程度となっており、東京と全体の平均年収700万円と比べると劣りますが、やはり保育士は若い世代が多い職業であるためにこのような数字になっています。公立園では公務員待遇で安定して働くことが出来ますし、私立園でも近年では大手を中心にしっかりキャリアを形成することを見越した人材の育成をしている園が増え始めているので、生涯安定した収入を得ることが出来る職業と言えるでしょう。 都内では保育園に加えて、幼稚園と保育園の教育を合わせた「こども園」も年々増えています。こちらは保育士資格に加えて幼稚園教諭の資格が必要ですが、保育園からこども園に転向している保育園も増えており、幼稚園教諭と保育士の資格を同時に取ってこども園に就職している人もいます。

新着求人

おすすめ求人

東京都の市区町村から絞り込む

東京都の主要な駅から探す

【エリア】を変更する

閉じる

都道府県

再設定する

【路線・駅】を変更する

閉じる

都道府県

沿線

再設定する

【職種】を変更する

閉じる

再設定する

【施設形態】を変更する

閉じる

再設定する

【こだわり条件】を変更する

閉じる

再設定する