• 無料相談を受ける
まだまだ待機児童0までは遠いエリア
神奈川県は待機児童数が全国でも5番目に多い県であり、横浜などといった中心部よりも小田原や川崎などといった住宅地の方が待機児童が多く問題になっています。以前の集計方法であれば待機児童が0だったエリアでも集計方式が変わったことによって待機児童が発生しており、県内でも待機児童の多いエリアでは保育園・こども園の増設や、保育士の確保が今後の課題と言えます。 そんな神奈川県の保育士の月収は新卒で20万円程度です。この場合、手取りが17万円程度であり、新卒の社会人の全国平均月収の手取りは15万円程度と言われているので、新卒の待遇が良い職場が多いと言えるでしょう。 神奈川県の有効求人倍率は2.48倍となっており、全国平均を上回っています。そのために神奈川県は保育士の確保に力を入れ始めています。特に一度保育園を退職している人の保育園への再就職に力を入れており、現場復帰が気軽に出来るようになりました。それ以外にも希望する条件に合った職場のマッチングなど、保育園や幼稚園への就職を希望する方へのサポートが充実しています。 また、神奈川県の場合、保育園以外にも放課後デイサービスや学童などでも保育士の資格を活かして働くことが出来ます。

新着求人

おすすめ求人

神奈川県の市区町村から絞り込む

神奈川県の主要な駅から探す

【エリア】を変更する

閉じる

都道府県

再設定する

【路線・駅】を変更する

閉じる

都道府県

沿線

再設定する

【職種】を変更する

閉じる

再設定する

【施設形態】を変更する

閉じる

再設定する

【こだわり条件】を変更する

閉じる

再設定する