MENU

保育士コンシェルの口コミ評判は?メリット・デメリットから掲載求人の特徴まで解説!

保育士コンシェルの評判に関するサムネイル

保育士コンシェルは首都圏の求人を豊富に保有している転職サイトです。

利用者からはLINEで手軽に相談できることや、土日も対応してくれることが評価されています。

ただし、保育士コンシェルの悪い口コミ評判には「地方の求人数が少ない」「連絡がしつこい」という評価も確認できました。

本記事では保育士コンシェルの基本情報から、利用者の口コミ評判を調査してわかったメリットやデメリットを紹介しています。

実際に利用してみてわかった掲載求人の特徴も公開しているため、ぜひ参考にしてください。

保育士コンシェルの基本情報

保育士コンシェルの公式サイト
求人数3,542件(公開求人数)
非公開求人あり
費用無料
対応職種保育士、主任保育士、施設長(保育園園長)、保育補助、幼稚園教諭、学童指導員、教室講師、児童養護・障害児施設職員、栄養士、調理師、看護師、管理運営スタッフなど
対応施設公立認可保育所、私立認可保育所、認証・認定保育所、こども園、幼稚園、小規模認可保育所、院内・病児・病後児保育所、事業所内保育所、子育てひろば、ベビーシッター、学童施設、児童養護・障害児施設など
対応雇用形態正社員、契約社員、派遣社員、パート・アルバイト
対応地域首都圏、東海、関西、中国、四国、九州、沖縄の一部エリア(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、茨城県、栃木県、群馬県、山梨県、静岡県、大阪府、愛媛県、福岡県、沖縄県)
転職サポート希望の求人を紹介
求人票に関する詳細の情報提供
採用条件の交渉
面接日や入職日の調整
面接同行
入職後のアフターフォロー
LINEでの転職相談
運営会社株式会社プログレート

※求人数は2024年2月3日時点の情報です。

運営会社の株式会社プログレートは有料職業紹介事業(厚生労働大臣許可:13-ユ-303821)として厚生労働省から認可を得て職業紹介事業を運営しています。

目次

保育士コンシェルの悪い口コミ評判を調査してわかったデメリット

保育士コンシェルの悪い口コミ評判を調査してわかったデメリットをご紹介します。

保育士コンシェルの悪い評判からわかったデメリット

保育士コンシェルを利用すると、どのような部分に不満を感じやすいのかを確認していきましょう。

地方の求人数が少ない

保育士コンシェルには、「地方の求人数が少ない」という悪い口コミ評判があります。

実際に、保育士コンシェルの求人数の内訳を見てみると、首都圏に求人が集中していることがわかりました。

保育士コンシェルの求人数の内訳

首都圏3,543件
静岡県2件
大阪府3件
愛媛県1件
福岡県1件
沖縄県1件

※求人数は2024年2月3日時点の情報です。

保育士コンシェルは地方求人が少ないため、地方に転職する保育士にとっては「希望の地域に求人がない」「労働環境を比較できない」といったデメリットもあります。

地方での転職を希望している方は保育士コンシェルの利用が向かないため、全国的に豊富に求人を保有している保育のお仕事という転職サイトがおすすめです。

保育士コンシェルのように相談しながら転職活動を進められるため、保育のお仕事の評判では「親身に相談に乗ってくれる」「安心し転職活動ができるサポート内容」と評価されています。

関東圏であればそれなりの求人数がありますが、地方だと求人数が少なく、場所によっては求人なしの地域もあるので注意が必要です。

引用:みん評

連絡がしつこいことがある

保育士コンシェルには、「連絡がしつこいことがある」という悪い口コミ評判もあります。

スピーディーな対応は良いことですが、あまりにも連絡の頻度が多いと中には面倒に感じてしまう方もいます。

ただし、連絡頻度が多いのは、保育士コンシェルに限ったことではなく、転職エージェントではよくあることです。

エージェント機能を利用すると、応募先との交渉・調整は担当者が代行するため、確認作業がどうしても多くなってしまいがちです。

そのため、転職サイトのエージェント機能を利用するなら、ある程度の連絡頻度は覚悟をする必要があります。

どうしても「自分のペースで転職活動をしたい!」という場合は、エージェント機能のない転職サイトの利用も検討してみましょう。

担当者と相性が悪いことがある

保育士コンシェルには、「担当者と相性が悪いことがある」という悪い口コミ評判も指摘されています。

転職エージェントで担当者との相性が悪いと、希望や本音が伝わりにくく、求職者が望んでいる求人をなかなか紹介してもらえない場合があります。

そのような場合は、無理に付き合う必要はなく、早く担当者を変えてもらいましょう。

担当者を変えてもらう場合は、「電話(03-6300-4702)」から相談することができます。

このとき注意をしたいのが、担当者への不満や愚痴をあまり強く訴えすぎないことです。

不満や愚痴を強くぶつけすぎると、転職エージェントとの信頼関係が損なわれ、保育士コンシェルを今後利用しにくくなる可能性があります。

担当者の変更理由を聞かれた際は、担当者への感謝を示しつつ「別の担当者さんの意見も聞いてみたい」と伝えましょう。

関東圏や大阪・愛知で転職する方は、担当者と相性が悪い場合、ほいく畑という保育士向け転職サイトも検討しましょう。

ほいく畑の評判は「親身に相談に乗ってくれる」「希望に合った求人を探してくれる」と評価されており、担当者の丁寧なサポートに期待できます。

保育士コンシェルの良い口コミ評判を調査してわかったメリット

次に、保育士コンシェルの良い口コミ評判からわかったメリットをご紹介します。

保育士コンシェルにはどのような魅力があるのか事前に確認しておきましょう。

手軽にコンサルタントに相談できる

保育士コンシェルには、「手軽にコンサルタントに相談できる」という良い口コミ評判があります。

保育士コンシェルはLINEで担当コンサルタントと連絡が取れるので、気軽に相談しやすいところが大きな魅力です。

また、LINEでの相談は通知を見逃しにくく、過去のやり取りを確認しやすいです。

土日祝日もしっかりサポートしてくれるので、初めての方でも不安を感じず転職活動が行いやすいと好評を得ています。

専任のキャリアコンサルタントが園の雰囲気など詳しい情報を教えてくれるので選びやすかったです。コンサルタントとはLINEでやり取りすることが可能で、気になることがあった時に気軽に相談できるのも良かったです。また土日祝日も対応してくれるなど必要な時にしっかり対応してくれるので、初めての転職活動でもストレスを感じずに進めることができました。コンサルタントのおかげもあって、スムーズに転職先を見つけることができて良かったです!

引用:みん評

好条件な求人が多数ある

保育士コンシェルには、「好条件な求人が多数ある」という良い口コミ評判もあります。

保育士コンシェルには高待遇の非公開求人が多く、「年収アップした」という利用者の声も少なくありません

非公開求人とは?

非公開求人は企業のホームページや求人サイトなどに一般公開されていない転職エージェントだけが保有している求人のことです。応募者が殺到しやすい人気求人や好待遇の役員求人が多く、応募条件を満たす求職者にだけ紹介されるのが一般的です。

そのため、求人の質を重視している方や、年収アップを目指している方は、保育士コンシェルを試してみる価値があります。

専任のコンサルタントが付いて、年収アップに有利な案件のみを提案してくれました。
おかげさまで人気の非公開求人のみに応募できて、高待遇なところに転職でき、年収がアップしました。
わざわざオフィスへ出向く必要もなく、電話とメールだけで利用できる点も良かったです。

引用:みん評

年収アップを考えている保育士の方。ぜひ、保育士コンシェルを使ってみるとよい。高年収求人が中心で、オープニング求人や駅チカ求人もある。新規開園の園長募集求人も保有している。殆どが、非公開求人なので、実際に登録してマッチングするかを検討するのがよい。考える前に飛べだ!

引用:X公式

転職で年収アップを狙っている方は労働環境の交渉を任せられることもメリット

口コミの通り、保育士コンシェルは好条件の非公開求人を保有しているため、転職で年収を上げることも夢ではありません。

ただ、自身で年収の話やお金の話を出して交渉するのはなかなか勇気がいりますよね。

交渉の仕方やタイミングによってはマイナスな印象を与えかねません。

できるだけ年収は高い方が良いという方は、保育士コンシェルのコンサルタントに年収をアップしてもらえるのよう代理で交渉してもらいましょう

労働環境を交渉した経験があるコンサルタントは、自身で初めて交渉するよりも年収アップに期待できます。

土日も対応してくれる

保育士コンシェルの良い口コミ評判には、「土日も対応してくれる」という意見も見られました。

転職サポートをしてほしいときに、転職エージェントがお休みでは転職活動をスムーズに進めることができません。

その点、保育士コンシェルなら土日祝日にも対応することが可能なので、平日に勤務している方にも利用しやすいのでおすすめです。

この求人サイトの良い点は、土日もしっかり対応してくれるので、就業中の人でも転職活動がしやすい点です。私も月~金は仕事が忙しく、週末にしか転職活動できなかったので、とても助かりました。

引用:みん評

保育士コンシェルは忙しい方に代わって日程調整してくれることも嬉しいポイント

口コミにもあるように、平日は仕事が忙しく転職活動がなかなか進まないという方は少なくありません。

一人で転職活動をする場合は、面接に向けて企業側と日程調整をしないといけません。

一般的に、応募先の企業が土日休みの場合、業務時間内の平日に面接が行われます。

在職中の方は自身の予定と企業側の予定を合わせる日程調整だけで手間や時間がかかり疲れてしまうこともあります。

保育士コンシェルは担当のコンサルタントが求職者と企業の日程調整を代行してくれるため負担が少ないです。

保育士コンシェルが土日に対応してくれることがメリットに感じる方は、面接日程の調整を代行してもらい少しでも転職活動の負担を減らしましょう。

保育士コンシェルに掲載されている求人の特徴

保育士コンシェルに掲載されている求人には、以下のような特徴があります。

保育士コンシェルを利用する前に、それぞれの特徴をよく理解しておきましょう。

保育士向け転職サイトの中では保有している求人数が少なめ

保育士コンシェルは保育士向け転職サイトの中でも保有している求人数が少なめという特徴があります。

実際に他社の保育士向け転職サイトと比較してみると、保育士コンシェルの公開求人数は少なめであることがわかりました。

保育士コンシェルと他の保育士向け転職サイトの求人数を比較

保育士コンシェルの公式ロゴ
保育士コンシェル
3,551件
保育士人材バンクのロゴ
保育人材バンク
25,965件
保育士ワーカーのロゴ
保育士ワーカー
46,389件
マイナビ保育士のロゴ
マイナビ保育士
16,318件
保育士バンク!のロゴ
保育士バンク!
49,457件
ヒトシア保育のロゴ
ヒトシア保育
38,998件
ほいくisお仕事探しのロゴ
ほいくisお仕事探し
52,729件
ほいく畑のロゴ
ほいく畑
3,816件

※求人数は2024年2月3日時点の情報です。

上記の通り、公開求人数は8つのサービスの中で最も少ないです。

求人数が少ないと少し物足りなく感じてしまう人もいるかもしれませんが、転職サイトの利用価値は公開求人数だけでは判断できません。

求人数が多くても、自分の希望に合わなかったり、転職サポートが悪ければ利用する頻度は自然と減っていきます。

転職サイトは求人数だけではなく、求人の内容や質をチェックして、自分の転職活動に役立ちそうか見極めることが重要です。

こだわった条件で求人検索できる

保育士コンシェルには、以下のようなこだわり条件で求人検索できるという特徴もあります。

保育士コンシェルの求人検索で選べる項目

スクロールできます
勤務時間・曜日扶養範囲内
早番勤務
中番勤務
遅番勤務
固定時間OK
土日祝休み
残業月10時間以下
フレックスタイム制
週2-3日OK
年間休日120日以上
経験なし・ブランクOK無資格者OK
実務経験なしOK
新卒者大歓迎
資格取得支援
ベテラン(40〜)活躍中
ブランク(1年以上)OK
福利厚生充実借り上げ社宅制度
寮・社宅住宅手当
上京サポート(引越手当)
賞与3ヶ月以上
退職金制度
産休・育休取得実績
研修制度充実
土日出勤振替休日
施設・保育にこだわる社会福祉法人
乳児保育(0-2歳)
園庭
オープニング求人
マイカー通勤・相談可
駅チカ(徒歩5分)
託児所(割引制度)
ユニフォーム
職員向け給食
モンテッソーリ教育
リトミック教育
ヨコミネ式保育

こだわり検索ができない転職サイトだと、チェックしないといけない求人数が多く、応募先を絞り込むだけでも大幅な時間がかかってしまいます。

その点、保育士コンシェルは細かく条件を絞って検索できるので、より自分の希望に近い求人を早く簡単に見つけられます

ただし、保育士コンシェルは求人数が少なめなこともあり、条件にこだわりすぎるとヒットする求人が残りにくいです。

そのため、条件を絞って求人検索をする際は、譲れない条件に優先順位を付けてから利用することがポイントです。

掲載求人の情報が詳しくわからない

保育士コンシェルは、ネット上では掲載求人の情報が詳しくわからないという特徴もあります。

例えば、保育士向けの転職サイトの中には、施設の実際の雰囲気を伝えるため「勤務先の写真」や「先輩社員からの一言」などを掲載しています。

一方、保育士コンシェルはどこの転職サイトにも記載されている「待遇」や「職務内容」などしか記載されていません

そのため、実際の勤務先の雰囲気を知るためには、保育士コンシェルの担当者に確認する必要があります。

複数の求人情報を担当者に確認するには手間がかかるため、職場の雰囲気のような深い情報を確認したい方はヒトシア保育の利用を検討しましょう。

求人情報からは「仕事内容、待遇・条件、職場の雰囲気」などがわかるため、ヒトシア保育の評判では「掲載されている求人の情報が詳しく精度が高い」と好評です。

担当者に確認せずに詳しい求人情報が知れる転職サイトは、手間なく効率的に理想の求人を探すことができます。

掲載求人の87.2%が正社員求人

保育士コンシェルは掲載求人の87.2%が正社員の求人であるという特徴もあります。

保育士コンシェルの掲載求人の割合

正社員3,098件(87.2%)
契約社員53件
派遣社員0件
パート・アルバイト395件(11.1%)

※求人数は2024年2月3日時点での情報です。

このため、「真剣に正社員として職場復帰をしたい!」「今よりもっと良い条件で長く働きたい!」という方は保育士コンシェルの利用が向いています。

一方、保育士コンシェルはパート・アルバイト求人が少ないため、時短で働きたいという方には、希望の求人を見つけにくい可能性があります。

派遣社員については、2024年2月時点で取り扱っていない状態なので、派遣を希望している場合は、ミラクス保育を利用しましょう。

ミラクス保育ではパートや派遣の求人も多く掲載されており、「フルタイム」「扶養内」「夜勤」といった働き方からも求人が探せます。

公式LINEアカウントに登録すると新着求人の通知が届く

保育士コンシェルは公式LINEアカウントを友達登録すると、新着求人の通知が届くという特徴もあります。

ネット上には掲載されていない開園予定の非公開求人などが届くので、良い条件の求人をいち早くチェックして応募することができます

LINEなら休憩中や通勤中でも気軽にチェックでき、メールのように誤って迷惑メールに振り分けられる心配もないので安心です。

また、LINEトークを利用して転職相談することも可能なので、スマホをメインに転職活動をしたい方に保育士コンシェルはおすすめです。

保育士コンシェルでの転職活動が向いている人の特徴

保育士コンシェルで転職活動をするのに向いている方の特徴は以下の通りです。

保育士コンシェルの利用が向いている人の特徴
  • 保育士コンシェルで興味のある求人を見つけた方
  • 首都圏の求人をメインに探している方
  • 土日に対応してほしい方
  • 求人の質を重視している方

保育士コンシェルは主に首都圏の求人が多く、「市町村区」を絞って検索できるため希望の求人を探しやすいのが良い点です。

良い口コミ評判でも指摘されていたように、土日に対応してくれるため、平日は忙しくてゆっくり転職活動できない方にも向いています

また、保育士コンシェルは高待遇の非公開求人を多く保有しているのも特徴なので、「求人の質」を重視している方も試してみる価値があります。

しかし、中には保育士コンシェルだと「やっぱり求人数が少ないな~」と物足りなく感じる方もいらっしゃいますよね。

このような場合は、求人数の豊富な転職サイトと併用することも検討してみましょう。

転職サイトを一つに絞って求人を探すより、複数の転職サイトと併用したほうが、より自分の希望に近い求人を見つけられるチャンスが広がるからです。

続いては、実際に保育士コンシェルジュと併用するのにおすすめな転職サイトをご紹介します。

保育士コンシェルと併用がおすすめの保育士転職サイト

保育士コンシェルの求人数では「ちょっと物足りない」と感じる方には、求人数が豊富な以下の保育士転職サイトと併用するのがおすすめです。

保育士コンシェルとの併用がおすすめな保育士転職サイト

複数の転職サイトを併用すれば、理想の求人に出会うチャンスを広げるだけではなく、それぞれの転職サイトのノウハウも吸収できます。

また、保育士コンシェルは「保育適正認定」を受けていませんが、保育士ワーカーと保育士バンク!は認定済みで運営会社の信頼性も高いので安心です。

保育適性認定とは?

厚生労働省に「保育分野の適正な有料職業紹介事業者」と認められることです。認定を受けた事業者のみが、以下のような「保育適性認定マーク」を表示できます。

保育適正認定マーク

引用:厚生労働省「認定制度マーク・認定マークについて」

ここからは、各転職サイトの特徴や強みについてさらに詳しくご紹介していきます。

保育士向け転職サイトの選びで悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

保育士ワーカー

保育士ワーカーの公式サイト

保育士ワーカーは保育士向け転職サイトの中でも圧倒的な求人数で、4万件以上を保有しているのが大きな強みです。

「残業時間」や「有給消化率」など応募先のリアルな情報を提供したり、面接対策を行うなど専任アドバイザーがしっかりサポートしてくれます。

直接言いにくい「給与」や「休日」の労働条件の交渉も、専任アドバイザーが代行してくれるので有利に転職活動を進められます。

さらに、保育園や幼稚園だけではなく、病院や企業など幅広い求人が用意されているため、さまざまな働き方に対応できるのも良い点です。

保育士ワーカーは「求人数を重視している方」や「面接対策や面接同行などのサポートが欲しい方」におすすめです。

求人数46,389件
非公開求人あり
費用無料
対応職種保育士、幼稚園教諭、正看護師、准看護師、栄養士
対応施設保育園、幼稚園、認定こども園、院内・企業内・学童など
対応雇用形態正社員、アルバイト、パート
対応地域全国
転職サポート条件に合った求人の紹介
面接の日程調整
面接対策
労働条件の交渉
内定後の辞退する場合の連絡を代行
入職後のアフターフォロー
運営会社株式会社トライト

※求人数は2024年2月3日時点の情報です。

ヒトシア保育

ヒトシア保育の公式サイト

ヒトシア保育は既卒の転職求人だけではなく、新卒向けの求人も豊富なのが大きな特徴です。

特に、関東圏の求人は「市区町村」に絞って検索することも可能なので、自分の希望勤務地の求人をピンポイントで探しやすくなっています。

また、プロフィールを見た施設側から直接オファーが来る「スカウト機能」もあるため、転職の選択肢がより広がるのも良い点です。

全国の主要都市では、履歴書・職務経歴書が不要の「就職・転職フェア」を定期開催しており、地方の転職希望者にも利用しやすくなっています。

そのため、ヒトシア保育は「勤務地を細かく絞って検索したい方」や「スカウト機能を利用してみたい方」におすすめです。

求人数38,998件
非公開求人あり
費用無料
対応職種保育士、幼稚園教諭、保育教諭、栄養士、調理師、看護師、学童指導員、児童発達支援管理責任者、児童指導員など
対応施設認可保育園、認証保育園、事業所内保育、院内保育、小規模保育、幼稚園、認証こども園、託児所、病児・病後児保育室、児童発達支援施設、子育てひろば、学童、保育園、訪問型保育、放課後等デイサービス、企業主導型保育、保育所など
対応雇用形態正社員、アルバイト、パート、契約社員、派遣など
対応地域全国
転職サポート求人情報の閲覧
仕事の不安やキャリアの悩みに関する相談
希望に合った求人を紹介
面接対策
労働条件の交渉
保育士・幼稚園教諭のための就職・転職フェアの開催
スカウトサービス
就職先への連絡や各種日程の調整
入職の手続き
運営会社株式会社ネオキャリア

※求人数は2024年2月2日時点の情報です。

保育士バンク!

保育士バンク!の公式サイト

保育士バンク!は元保育士や保育業界に精通しているアドバイザーがパートナーとなり、転職活動をサポートしてくれるのが大きな魅力です。

保育士バンク!は累計40万人以上の利用実績と10年以上の転職支援のノウハウがあるため、初心者の方も安心して利用できます。

全国11拠点で北海道から沖縄まで全国対応しており、2万園以上の提携園から独自に入手した園情報を写真や動画などで提供してくれます。

LINEと連携すればいつでもチャット相談できたり、希望条件の求人を届けてくれるので、スマホ一つで簡単に転職活動ができるので便利です。

そのため、保育士バンク!は「独自の園情報が充実している転職サイトを利用したい方」や「スマホをメインに転職活動をしたい方」におすすめです。

求人数49,457件
非公開求人あり
費用無料
対応職種保育士、幼稚園教諭、保育補助、児童発達支援管理責任者、園長、主任、保育教諭、看護師、栄養士、調理師、事務職・総合職、児童指導員など
対応施設保育園、幼稚園、公立保育園、認可保育園、認証保育園、認定保育園、児童発達支援施設、小規模保育、認定こども園、認可外保育園、病児保育、事業所内保育、学童保育、放課後等デイサービス、託児所、児童施設、乳児院、病院内保育、児童養護施設、企業主導型など
対応雇用形態正社員、パート・アルバイト、契約社員
対応地域全国
転職サポートキャリアアドバイザーへの相談
希望に合った求人の提案
履歴書の添削・面接対策
給与や休みなど労働条件の交渉
入職後のフォロー
運営会社株式会社ネクストビート

※求人数は2024年2月2日時点の情報です。

保育士コンシェルの利用手順

保育士コンシェルの利用手順は、主に以下の通りになります。

保育士コンシェルの利用手順
  1. 無料登録
  2. 担当コンサルタントによるヒアリング
  3. 求人の紹介
  4. 面接・見学
  5. 入職

ここでは、保育士コンシェルを登録して入職するまでの流れを詳しくご紹介します。

STEP
無料登録

保育士コンシェルの公式サイトから「無料登録」を行います。

その際、以下の必要事項を入力します。

  • 保有している資格
  • 希望の転職時期
  • 希望の雇用形態
  • 氏名
  • 生年月日
  • 携帯電話番号
  • 郵便番号
  • メールアドレス
  • 希望の連絡方法とタイミング
STEP
担当コンサルタントによるヒアリング

登録後24時間以内に、無料登録の際に選択した希望の連絡方法で担当コンサルタントより連絡が来て、求職者の希望条件をしっかりヒアリングします。

STEP
求人の紹介

ヒアリング内容を元に、求職者にピッタリな求人を複数紹介します。

もしも、紹介された求人が気に入らない場合は断ることもできます。

STEP
面接・見学

気に入った求人があった場合は、担当コンサルタントが面接・見学日を調整し、実際に面接を受けます。

この際、応募先の施設に直接言いにくい条件などがある場合は、担当コンサルタントが代わりに交渉することも可能です。

STEP
入職

内定が決まったら、担当コンサルタントが入職日などの調整を行い、入職までの手続きをサポートしてくれます。

保育士コンシェルによくある質問

最後に、保育士コンシェルによくある質問をまとめました。

保育士コンシェルで転職活動を始める前に、不安や疑問を解消しておきましょう。

保育士コンシェルは無料で利用できる?

保育士コンシェルは、応募先の施設から「人材紹介料」をもらって運営しているため、求職者は完全無料で転職支援サービスを利用することができます。

保育士コンシェルは、厚生労働大臣から有料職業紹介事業の許可を受けており、プライバシーマークも取得しているため安心して利用できます。

プライバシーマークはJIPDEC(一般財団法人日本情報経済社会推進協会)から個人情報の取り扱いが適切だと評価された事業者のみが使用できるマークのことです。

非公開求人とはなんですか?

非公開求人とは、一般市場には公開されていない求人のことで、「応募者が殺到しやすい人気求人」や「役員など高待遇の求人」が多い傾向です。

そのため、求職者の経験やスキルによっては、非公開求人を紹介してもらえない場合もあります。

非公開求人は、応募条件に合致した場合のみ転職エージェントから紹介されるのが一般的で、求職者が自由に求人情報を閲覧することはできません。

保育士コンシェルで受けられる転職サポートは何がありますか?

保育士コンシェルでは、主に以下のような転職サポートを受けられます。

  • 希望の求人を紹介
  • 求人票に関する詳細の情報提供
  • 採用条件の交渉
  • 面接日や入職日の調整
  • 面接同行
  • 入職後のアフターフォロー
  • LINEでの転職相談

特に、LINEでの転職相談は「LINEと電話で合理的にやりとりできた」「話しにくいことも伝えられた」という口コミが多く高評価を得ています。

地方での転職活動もサポートしてくれますか?

保育士コンシェルでは、地方での転職活動にも対応しています。

ただし、地方の場合は対応地域が限られてしまうため、希望の勤務先によっては対応できない場合もあります。

そのため、地方での転職サポートを希望している場合は、保育士コンシェルへ連絡をして対応してもらえるか事前に確認しておきましょう。

保育士コンシェルを退会する方法は?

保育士コンシェルでは「電話(03-6300-4702)」と「メール」で退会を受け付けています。

LINEを利用している場合は、LINEで退会の旨を伝えることも可能です。

まとめ

保育士コンシェルは首都圏の求人を豊富に保有しており、LINEを使って気軽に転職相談できるところが大きな強みです。

その一方、保育士コンシェルは地方求人が少なく、正社員求人が8割を占めているため、人によっては使いにくい場合もあります。

このように保育士コンシェルには、メリットもデメリットもあるため、自分の転職活動に役立ちそうかしっかり見極める必要があります。

また、理想の求人を見逃さないように、転職サイトは一つに絞らず、複数の転職サイトと併用するのもおすすめです。

  • URLをコピーしました!
目次